ピアノブランド紹介 BOSTON(ボストン)

ピアノのブランドについての情報をご覧いただけます。

BOSTON(ボストン)

BOSTON(ボストン)

キャッチフレーズ

世界最高峰のピアノ「スタインウェイ&サンズ」のセカンドブランド

製造会社

スタインウェイ・ミュージカル・プロパティーズ社

創業年

1992(平成4)年

本社所在地・製造拠点

ニューヨーク(アメリカ)
河合楽器製作所 竜洋工場(日本)

特徴

・太く伸びやかで、豊かな音量

・総木製アクションによる、繊細で弾き心地の良いタッチ

・耐久性、品質安定性の高いワンクラス上の国産(日本製)ピアノ

主要歴代モデル

【アップライトピアノ】

UP-132EPE、UP-126EPE、UP-118EPE

【グランドピアノ】

GP-156PEⅡ、GP-163PEⅡ、GP-178PEⅡ、GP-163PEⅡ、GP-156PEⅡ

製造番号表

西暦 和暦 製造番号
1993 平成5年 107,200
1994 平成6年 108,000
1995 平成7年 110,100
1996 平成8年 112,700
1997 平成9年 116,000
1998 平成10年 120,500
1999 平成11年 125,700
2000 平成12年 131,700
2001 平成13年 138,400
2002 平成14年 140,800
2003 平成15年 144,800
2004 平成16年 148,400
2005 平成17年 150,700
2006 平成18年 155,400
2007 平成19年 159,500
2008 平成20年 162,000
2009 平成21年 166,000
2010 平成22年 168,000
2011 平成23年 170,000
2012 平成24年 173,500

歴史(略歴)

1972年にヤマハはアメリカ・ミシガン州でアップライトピアノの生産を始め、年間2万台以上のピアノを販売するようになり、スタインウェイ&サンズ社の大きな脅威となっていました。

当時スタインウェイ&サンズ社の社長であったヘンリー・Z・スタインウェイは企業の将来を見据え、1972年にアメリカの大手放送局で既にフェンダー・ギターやロジャース・オルガンを買収していたCBSへの会社売却を決め、スタインウェイ&サンズ社は一族の手から離れる事となりました。

次いで1985年にはボストンの投資家グループが買収し、「スタインウェイ・ミュージカル・プロパティーズ社」が設立されました。

投資家グループは、スタインウェイ&サンズ社がこれまで生産してきたハイエンドモデルに加え、中間層への普及モデルのピアノの開発を命じ、オーナーの郷里の名「BOSTON(ボストン)」と名付けられました。

このブランドは日本のカワイ(河合楽器製作所)で委託生産される事となり、現在国内でもスタインウェイ特約店やカワイ直営店で販売されています。

演奏動画

このブランドのピアノを探す

ブランド一覧へ戻る